プロフィール

ピラティス 担当

◆Kiki◆ ピラティスルシア代表

BASI Certified Comprehensive Instructor

(Mat & Machine)

 

はじめまして。Lucia主宰インストラクターのKikiと申します。

昨年出産を経験し、現在0歳児の育児に奮闘中です。

私がピラティスをやり出したきっかけを少し綴らせていただきます。小さい頃から身体が弱く、気分の落ち込みの激しい性格で運動が大っきらい。

学生時代からすごく身体がだるいというのが普通の感覚でした。

ピラティスを始めたきっかけは、すごく単純・・・・。

なんとかして身体を変えたい・・・・、自分が変わりたい・・・。

どうすればそうなれるか考えた結果、とりあえず形から入るタイプなので「筋肉のない、姿勢の悪いからだ」をなんとかしよう!!

身体を造れば、どんなにシンプルなものでも素敵に着こなせるし、ちょっとはかっこよくなるんじゃない?というすごくシンプルな結論です。

ジョギングをしたり縄跳びをしたり努力はしましたが、体重は減るけどなんか違う感じ。何かないかと探していた時にピラティスと出会いました。

思い立ったら突っ走る性格が相成り、やるからにはがっつりやろうと、1年間スタジオに通った後に養成コースに参加、そのまま東京の大手ピラティス専門スタジオへ入社。その間にマットワーク・マシンワークの資格を取得しピラティススタジオの店長・マネジメント職を経て現在に至ります。

 

元々は、見た目を変える為のピラティスでしたが深めるうちに自分自身との向き合い方や、落ち着かせ方、自分を強くする為の身体技法として捉えるようになりました。女性は特に!!見た目が変われば中身も自然と変わりますよね。そんな単純なものだと思うんです。

私も自分が変わっていく中で、自分を信じる力がどんどんついていきました。その他にも排便機能が高まったり、身体が軽くなって走りたくなったりととにかくフットワークが軽い!それが相乗効果で更に色々な運動をしたくなる・・といった感じでした。

 

継続すれば、必ずプロポーションや考え方は変わります。必ずです。

身体と精神は切っても切り離せませんので、どちらか、ということはないと感じています。

私自身レッスンで大事にしている事・得意とするところは「クライアントさんの感覚になって伝えれる」という事です。元々身体が動かないところから始めたので、理解できるけど動けない・・・・という感覚が理解できるのが強みです。インストラクターというと元々ダンサーさんやスポーツバレエをやっていた方の方が多いと思います。でも私自身は普通のOLで、ピラティスの動きが全くできないところからのスタートでした。なので最初はとても不安でしたし、とてもきつかったですし、動けない動きばかりでした。でも今となってはその経験が宝となっています。

そして、数多くのレッスンを行った経験の中で自分なりに「効果的なレッスン」を研究した結果、雰囲気はアットホームでレッスンは少しハードにというところに辿り着きました。もちろんこれからも進化し続けます。

 

様々な目的があり、ピラティスにご興味を持たれていらっしゃると思います。姿勢改善・ダイエット・筋肉アップ・ピラティスって?・昔の体型に戻りたい・何かやりたい・運動不足解消・元気になりたい・体幹がほしいetc・・・・・

是非、気軽に体験レッスンへお越し下さい!

近所にある本屋さんのような「身体屋さん」を目指しています。

◆YuKina(BASI Certified Instructor)

はじめまして!インストラクターのYukinaと申します。

私がピラティスを知ったのは7年前。
腰痛を抱えるフィギュアスケート選手だった私に

ダンサーの知人からピラティスを勧められました。

 

しかし当時はランニングやウェイトトレーニングが主流の時代。
「陸上でのトレーニングを増やすより氷上での技術を磨きたい!」という一心でピラティスを習うことはありませんでした。

そのまま現役を引退し、会社員として勤めだしても腰痛は続きました。
事務作業で座りっぱなしの毎日に運動不足を感じた時、ふとピラティスの存在を思い出し、職場の近くにあったピラティススタジオに足を運びました。

18年もスケートをしていた私ですが、

ピラティスを初めてした時はわけがわからず…汗))

 

鼻から吸って、口から吐いて、同時に身体を動かして、

聞いたことのない筋肉を意識して…先生の声に呼吸と身体の動きがついていくだけで必死!

 

しかし、レッスンを重ねていくことで、

腰痛の改善はもちろん、

今まで知らなかったたくさんの筋肉の存在や動作の仕組みを学びました。

「スケートで何年練習してもできなかったあの動きって、

この筋肉を意識したらできたんじゃない!?」
外見の動きばかり追っていて、

体の内面に目を向けていなかった自分にやっと気付くことができました。

そこからというものレッスンや日常の何気ない動作にも興味津々、
「今、自分の背骨はどうなっているんだろう?肩甲骨は?腰は?お腹は?…」と自分の体の状態を知ることでコンプレックスだらけだった自分の体が少しずつ好きになりました。

“なんかわからないけど肩が凝る”“なんかいつも腰が疲れる”生活環境や癖と諦めていた症状も体の内面に目を向けるだけでずっと楽になることを身を持って体験しました。

そして何よりピラティスの後は体がスッキリと気持ちいい!

レッスンでも私が日々体験している体の中の「スゴイ!」「おもしろい!」「スッキリ!」という感覚を皆さんに感じていただけたらと思います♪

◆Tomoko(BASI Certified Instructor)

初めまして。

ピラティスインストラクターのTomokoです!

 

私は、以前「手話通訳」の仕事をしていました。

そうお話しすると、「すごい!素晴らしいお仕事ですね!」

と仰っていただきます。

 

そうなんです!すごくて素晴らしいお仕事なのですが、

それと同時に、きちんと体のメンテナンスを行っていないと、

とっても体に負担の大きい仕事でもあるのです。

 

通訳をしている間は、腕を宙に浮かせたまま、動かし続け、

15分から長い時は1時間! 重い腕を上げっぱなしなのですから、

肩や首、背中に大きな負担がかかり、 それをほったらかしにしておくと、

腕が上がらなくなるのは当たり前です。

 

何とかしないと、と思い、近くのスポーツジムへ行き、

そこで初めて「インナーマッスル」という言葉を聞き、

そこで教えてもらったのがピラティスです。

 

ピラティスに出合って、体の中を整える事で、腕がフワっと軽くなり、

すぐに効果を感じる事ができました。

そこで、何で、腕が軽くなったの!?骨を支える筋肉って!?

 

そして、自分の身体はどのように動いているのか!?

というような事に興味がわき、 勉強を始めました。

 

私たちの身体は、私たちが思っているよりも、もっと動くのです。

私がピラティスを実践する中で強く感じている事、

それは「心と体の繋がり」です。

 

よく言われる事ではありますが、強く実感しています。

顔を上げて、前を向いて、毎日生活できれば、そんな良い事はないですよね。

 

その為には、自分自身で心がけるだけではなく、

その為の「筋力」も必要なのです。

 

心や性格、考え方を変えるのは時間がかかるかもしれませんが、

身体はすぐに変えていくことができます!

 

前を向いて生活出来る!

そんな身体作りのお手伝いをピラティスでさせていただきます!

バレエスタジオで出張レッスンの風景

國廣政志 (ニックネーム くに)  スタジオルシア代表

  

鍼灸師

ネバダ州立大学認定ピラティス指導者

Silk Suspension Fundamentals Ⅰ&Ⅱ

 

 

はじめまして。当ホームページをご覧いただきありがとうございます!

筋膜リリース・シルクサスペンション担当の國廣です。

周りからは、『くにさん』『くに先生』と呼ばれているので気軽によんでください。

 

当スタジオの名前の「Lucia」とは、光を意味します。

スポットライトの様な強い光ではなく、窓から入る木漏れ日の様なやわらかな光です。

もし、不安や悩みで気分が晴れない方がいたら、

少しでも希望という光を感じていただきたいという想いで私たちはお待ちしております。

 

 

 

身体と心はつながっています。

 

身体に痛みがあるとこのまま治らなかったらと不安になるし、気分も落ち込みますよね。

ストレスフルな生活していると身体にもいろんな症状がでてきます。

 身体の症状は、心や魂の声を表現していたりもします。

 

 身体は一生物の宝です。

 

ピラティス、シルクサスペンション、筋膜リリースをツールとし、多くの方がご自身の人生にやわらかく暖かな光を見出して、人生を楽しく活きる一部に加えさせていただければと思っております。

 

夫婦二人で仲良く営んでおります。

皆さまとの新しい出会いを心より楽しみにスタジオでお待ちしております。

 

 

夙川で開業した理由

スタジオを開業するにあたり、

気持ちのいい空間と素敵な町でやりたいという思いがありました。
 
西は長崎や福岡などの九州、そして関西全域などいろいろな場所に
足を運びましたが、
その中でも一目惚れだったのが、
夙川の川沿いの雰囲気と苦楽園の町並みでした。
空気が澄んでて、歩いているだけで気持ちいい。
ここに住み、仕事がしたい・・・・。直感がビビッときました。

そして何度か足を運んで物件を探していたときに、
最初に夙川を訪れて歩いていたときに、この辺でやれたら
最高だよねっていってた場所に物件がみつかりました。

それが、今あるルシアの場所です。
心地良い光が入って、風とおしてがよく、気の流れもいい、
気持ちいい場所でした。
春は窓から桜もみえて、もう最高でした!

お店をはじめて、夙川、苦楽園を散策するようになると、
どんどんこの町が好きになりました。
パン屋さん、ケーキ屋さん、おしゃれなカフェが多くて、
しかもどこもレベルが高い!
飲食店全般どこもすごく美味しくて、街自体の活気が感じられます。

そして、ご縁があり出会う人も素敵な尊敬できる方々ばかり。
ここでスタジオを始めてよかったと日々感じています。

ルシアの大切なクライアントさま、夙川、苦楽園のみなさま、
これからもどうぞルシアをよろしくお願いいたします。