産前・産後ピラティス

妊娠を望まれる方、妊娠をし自分の体を分娩に向けて整えていきたい女性に対してのピラティスです。

現在日本では多くの女性の社会進出が目覚ましく、女性ホルモンのバランスは時代と共に大きく変化していっています。

「不妊」「妊活」という言葉も昔よりもはるかに耳にする機会が増えました。

 

妊娠経験のない方・ある方・現在妊娠中の方・出産されたばかりの方、さまざまな方の身体をみさせて頂いておりますが、多くの方にいえることは「内臓の冷え、硬さ」と「股関節の問題」です。これはイコール妊娠しにくい身体、または分娩しにくい身体を示しています。

 

赤ちゃんが通ってきやすい骨盤・腹圧のかけ方。

または子宮が大きくなるにつれて起こる母体への負担の軽減、精神の安定などピラティスで得られる効果はとても大きいものです。

 

呼吸を深く行い横隔膜を沢山動かす事・股関節の可動域を保つこと・出産に必要な骨盤底筋などの筋肉を動かす事。バストや体重の増加によりおこる姿勢の変化への補佐、などなど産後の身体の戻りにおいても重要な役割を担えます。

出産は母子共に命をかけた大仕事です。赤ちゃんがお母さんの参道を通りにくいと無理に引っ張られて首の神経などが切れてしまったり股関節亜脱臼になり易かったり将来に渡り大きな障害をもつ可能性もあります。

また、産後骨盤の戻りが悪いと、20年30年後にその歪が身体に出てくるという方も結構多くいらっしゃいます。

 

ご自身の身体を見直し、生活習慣を見直し、修正する絶好のタイミングが「妊娠」です。

前向きな気持ちで出産に臨み、楽しいマタニティライフの一部にピラティスを取り入れてみてはいかがでしょうか?